風と光の記憶

 nkjm.幹 photo room

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 紫陽花



今年も を撮りに行ってきました。

雨露にしっとりと濡れた を撮りたいとの思いがあるのだが
何時も撮りに行くときは梅雨の合間の晴れた日だ。
これでは思い描く写真など撮れるわけがない。

要するにしっとりと濡れた は撮りたいが雨の日は嫌だということ。
ところが梅雨の合間の晴れた日などは蒸し暑くてたまらない。撮影どころではない。
「やっぱり小雨に煙る梅雨空の昨日にすればよかった」
などとブツブツ・・・こうなると我が身わが事ながら何とも御し難しである。

そんな汗臭い、我がままオヤジをよそに は雨の日も、晴れた日も色鮮やかに美しい。



                                           撮影/高幡不動2012-06-26
01-NKJ_5886a.jpg

       02-NKJ_5816a.jpg

       03-NKJ_5757a.jpg

       04-NKJ_5778a.jpg

       05-NKJ_5796a.jpg

       06-NKJ_5875a.jpg

07-NKJ_5793a.jpg

       08-NKJ_5843a.jpg

       09-NKJ_5828a.jpg

10-NKJ_5847a.jpg






にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。